身体表現性障害の実態把握|辛抱強い支えが鍵

ウーマン

体の不調を改善させる方法

ウーマン

ストレスのない環境を作る

身体表現性障害とは、体には特別に異常がないにもかかわらず、ストレスが原因となって体にあらゆる症状を感じるという病気になります。内科を受診しても、どの病院に行っても、異常が見当たりません。なので、原因不明の不調と認識される事が多いです。何か怖い病気であったり不治の病なのではないかと思い詰める人も多いと言われています。患者自身が、特定の部位を痛んだり不調と感じること自体は間違いではありませんがそれがストレスによるものであると気づいていない場合が多いです。そのため、自分がストレスを抱えていることに気づき、ケアしていくことが大事になります。身体表現性障害は、心に原因があって体に症状が出ているので、心療内科を受診すると良いと言われています。病院でもストレスを出来る限り取り除く治療が行われますが、自分が過ごす環境の中で自宅は最も安らぐ場所である必要があります。家で安心してリラックスしながら過ごせるようにするために、生活環境を整えることが大事です。規則正しい生活やバランスの取れた食事も欠かせません。

問題解決能力を高める

身体表現性障害は、一般的に男性よりも女性に多く大人になる頃に発症が多くなると言われています。子供が成長し思春期を経て大人になる頃には、それぞれの個性が際立つようになる一方で自身がかかえるコンプレックスや容姿に関する悩みなども明確になってきます。もともとの性格や環境なども影響しますが、主に大きなストレスが原因となって体のあらゆる部位に不調を感じるようになります。しかし、身体表現性障害は根気よく治療を続け問題解決能力を高めることで完治させることも可能になります。なぜなら、身体表現性障害は体にはどこにも異常がなく、むしろ健康でありストレスが影響しているだけであるからです。ストレスがない環境で生活することも大事ですが、ストレスが生じても上手く対処して乗り越えていける解決能力を高めることも大切になります。ストレスは日々多くの人が抱えていますが、しっかり向き合って対処することで乗り越えることが出来ます。その術を身につけることで身体表現性障害の症状も改善させることが出来るのです。